2019年06月18日
胃X線検査研修会 [東京 三田NNビル地下1F NNホール]   【受付中】※申込期限7月19日金曜日迄〜至急御申し込み下さい!〜
 精度の高い胃X線検診を行うためには、撮影された画像の撮影技術、画像処理技術そして読影技術が高水準であることが求められます。またそれらを保証する内部精度管理も大変重要です。胃X線撮影の基礎、鉤状胃以外の形状の胃に対応する撮影技術、有所見例のポイントを押さえた撮影方法について精度管理調査に提出された画像を参考に用いて解説します。さらに胃X線検査において技師として知っておくべきカテゴリー分類とその考え方、所見と性状の考え方、そして所見を正しく伝えられるシェーマの描き方について研修します。
〜今回初めて行われる研修会です〜
※お早めに御申し込み下さい。
2019年06月18日
選別聴力検査研修会(8月東京会場)[東京 グランパークカンファレンス 3階 大会議室]   【受付中】 
 定期健康診断における1000Hzと4000Hzの聞き取りを検査する選別聴力検査担当者に医療資格は求められておりません。しかしながら検査に携わるスタッフとして身につけておくべき労働衛生の基礎知識と医学知識の取得は騒音障害予防に関して必須です。正しく検査を実施するため、講義では、耳鼻咽喉学の基礎について知識を広め、何を検査しているかを理解します。実技では、賛助会員リオン(株)の協力で、オージオメーターを用いた実習を行い、精度を確保する正しい検査の方法、機器の取扱いからメンテナンスについて説明を受けます。
※2月東京会場は、御申し込みが集中します。
 東京会場を御希望の方は、こちらに御申し込み下さい。
2019年06月18日
特殊健康診断研修会(大坂会場) [TKPガーデンシティ大阪リバーサイドホテル バンケット6A]  【受付中】 
 業務や取り扱う化学物質によっては一般健康診断に加え、特殊健康診断の実施が義務づけられています。本研修では特殊健康診断を実施する健診機関職員として知っておくべき労働安全衛生法令、生物学的モニタリング検査、作業環境測定、職場環境改善、事後措置等の基礎となる知識を広く研修します。
 特殊健康診断の意義、法的根拠、各種検査の目的、検査内容等を総合的に学べます。
※今回は、大阪会場で研修会を行います。
 東京会場に御申し込みが集中しますので、こちらに御申し込み下さい。
2019年06月18日
腹部超音波検査研修会(中級コース)[東京 グランパークカンファレンス 4階ホール] ※各施設1名のみ限定
 超音波検査の精度維持と向上を目的で全衛連が実施している腹部超音波検査精度管理調査に参加された施設で、超音波検査に携わる医師や技師、看護師が対象です。本年度の調査に提出されたデータからピックアップした画像、及び所見報告を参考に、精度管理調査結果を報告・解説します。手技に関しては、指導する立場の中上級レベルの方を対象に、カテゴリー分類、判定に必要な良好な画像情報を得るための探触子走査のポイントとなる部分をライブで解説します。グループ討議では10人程度に分かれ、指導医の先生を交えて超音波検査に関する疑問や問題点を他機関と情報交換を行いながら解決を目指します。
 ※各施設1名のみ限定とさせていただきます。
2019年06月17日
検体検査研修会 [東京 三田NNビル地下1F NNホール] 【受付終了】
 臨床検査及び労働衛生検査の検査実務担当者を対象に内部精度管理のあり方等について研修を行います。また、検体検査は外注化が進んでいますが、医療機関は業務責任者を選任し委託した業務の改善等に関して受託責任者と協議することが求められており、検査に関する精度管理についても知識が求められます。当研修会では精度管理に関する講義に加え、健康診断の血液検体を日常取り扱う健診機関職員が、検査前の採取から移送・保管等に係るトラブルを未然に防ぐため、常識として知っておくべき血液知識についても研修できる内容となっており、専門技術者以外の方にも受講をお勧めします。
※「質問票」を、申込書と一緒に送って下さい。
2019年05月10日
※研修会について
【 注意 】日時・内容等が変更される事があります。ご了承下さい。
 受講料:請求書が届きましたらお振込み下さい。
 受講票:研修会当日受付に必ずご提出下さい。
《受付時間》開始30前より開始します。