全衛連について
全衛連の主たる事業
総合精度管理事業
全衛連は、健診で行われる各種検査の精度が高いものとなるよう、健診機関における検査技術を審査・評価する「総合精度管理事業」を実施しています。
総合精度管理事業では、「労働衛生検査」、「臨床検査」、「胸部エックス線検査」、「腹部超音波検査」の各々について、審査・評価を行っています。
総合精度管理事業
労働衛生サービス機能評価事業
全衛連は、高品質の健診サービスが確保されるよう「労働衛生サービス機能評価事業」を実施しています。
労働衛生サービス機能評価事業は、「総合精度管理事業」への参加を前提に、設備・機器、人的体制、健診技術、データ管理、健診後のフォローアップの状況、各種規程の整備状況等の健診機能を総合的に評価し、優良な施設を認定するものです。
労働衛生サービス機能評価事業
特定健診・特定保健指導事業
全衛連は、平成20年4月から始まった特定健診・特定保健指導が円滑に実施されるよう、健保連等の医療保険者団体と集合契約を締結し、全国で受診できる体制を整備しています(特定健診・特定保健指導事業)。
特定健診・特定保健指導事業
ストレスチェック事業
全衛連会員機関は、平成22年度より「ストレスチェック」を提供しています。このサービスでは、次のサービスを一連のものとして実施します。
(1)定期健診時にストレスチェックを併せて実施する「心とからだのトータルチェック」を行う
(2)ストレスチェックの結果に基づき、専門の医師、保健スタッフが個別に事後指導を実施する
(3)(1)、(2)を踏まえ、職場ストレス環境改善提案を行う
ストレスチェック事業
広報・啓発
全衛連は、広報啓発活動として健診業務のほか産業保健全般にわたる図書・広報・用品を提供しています。また、事業場における健診実施率の向上を目指して、毎年9月、「心とからだの健康推進運動」を実施しています。
-働く人びとのために-労働衛生管理
受けてますか健康診断 続けてますか健康習慣
調査・研究
全衛連は、各専門分野の研究者の協力を得て、産業保健に関連する幅広い分野での調査・研究を行っています。調査・研究結果は報告書として取りまとめ公表しています。
調査・研究
教育・研修
全衛連は、労働衛生機関が高品質の健診、保健指導、職場改善サービスを提供できるよう、医師、保健師、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師等専門スタッフの教育・研修事業を実施しています。
教育・研修
放射線健康相談事業
全衛連は厚生労働省の委託事業として平成23年度から東電福島第一原発緊急作業従事者等健康相談事業を受託し、全国の相談窓口で実施しています。
全衛連について
PAGE TOPへ